こんにちは。

あっという間に9月も後半にさしかかり、ついこの間まで夏だったのが嘘のようですね。
しかし秋も行楽シーズンということもあり、紅葉を見に行ったり、美味しいものを食べに旅行される方も多いのではないでしょうか?

さて、そんなシーンでも重宝できるボトムと言えば…

『ジーンズ』
img

レジャーシーンからタウンユースまで、スタイルを問わず使える万能なアイテムです!
迷ったらとりあえずジーンズ!という方も多いと思います。

そこで本日は『長く穿けるこだわりのジーンズ』と題して、今一押しのデニムのブランドをピックアップしたいと思います。

KURO(クロ)
brand01
2010年にスタートした、日本のデニムブランド“KURO”。
「メイド・イン・ジャパン」ならではのクオリティで、世界からも高い評価を受けています。
生地や加工のクオリティの高さはもちろん、ストレート、テーパード、スキニーなどの幅広いシルエット展開も魅力です。
ナノユニバース、エディフィスなど、有名セレクトショップでも取り扱っている人気のデニムです。
>KUROのブランドページはこちら

>KUROの商品販売ページはこちら




RED CARD(レッド カード)
brand02
2009年にスタートした、日本のデニムブランド“RED CARD”。
エドウィンやリーバイスといったメジャーデニムブランドで経験を積んだ、本澤裕冶 氏がデザイナーを務めるブランド。
穿きやすいライトオンス(少し薄手)のデニム地に、リアルなヴィンテージ加工が施されているのが特徴です。
こちらもここ数年でグッと人気が高まっている、注目のデニムブランドです。
>RED CARDのブランドページはこちら

>RED CARDの商品販売ページはこちら




A.P.C.(アー・ペー・セー)
brand03
1987年にジャン・トゥイトゥ設立した、ファッションブランド“A.P.C.”。
日本では、A.P.C.といえばデニムと言われるくらい、クオリティの高いデニムコレクションを展開しています。
中でもスタンダードな生デニム(加工のされていないデニム)が人気で、経年変化による色落ちがとても魅力です。
>A.P.C.のブランドページはこちら

>A.P.C.の商品販売ページはこちら




DENIMADE.(デニメイド)
brand04
デニムの神様と呼ばれる林芳亨 氏がディレクションを務める、URBANRESEARCHのデニムブランド“DENIMADE.”。
生地、素材、シルエットとすべてにこだわりが垣間見える、古き良きアメリカのヴィンテージ感が漂うコレクションです。
高いコストパフォーマンスで展開する、ジャパンメイドのカジュアルジーンズになっています。
>DENIMADE.の商品販売ページはこちら




いかがでしたか?

今回は長く穿けるこだわりの一本ということで、デニムを展開するオススメのブランドをいくつかご紹介してみました。

デニムやレザーなどの長く付き合っていけるアイテムは、いつもよりちょっとこだわってみるのも悪くないのではないでしょうか?

時間とともに自分だけの一本を育てる楽しさも、ファッションを楽しむ上での醍醐味だと思います♪
ぜひ参考にしてみて下さい!

それでは本日はこの辺りで。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。 


KEN